火の祭典
 先日、30年以上ぶりに地域の行事「三九郎」に行ってきました。
「どんど焼き」とも言うんですがどっちが一般的?
正月飾りとかダルマとかを積み上げて燃やすという、
知らない人が見たら怪しい宗教のようなものです。

 小学校の頃は毎年参加してましたけどね。
日中に各家庭を回って正月飾りを集めてきて、田んぼの真ん中に
やぐらを組んでそれらを積み上げて、日が暮れたら火をつけて、
木の枝に刺した<まゆ玉団子>を炙って食べる。

 内容は田舎的で牧歌的ですが、見た目はかなりシュールな
火祭りですよ。ダルマが燃えてるとことか怖い。

 そこで柳の枝に米粉の団子を刺して焼くんですけど、
焼くというよりは軽く温めるだけで、ほとんど燻製状態。
そこでようやく30年前もそうだったなーと思い出しつつ、
それでも初めて参加した奥さんや子供たちと食べて
無病息災の祈願となりました。

a0098195_105969.jpg




◇展示のお知らせ


松下英友パステル画ワークス展
10月26日(月)~2016年1月18日(月)
穂高ビューホテル (長野県安曇野市穂高牧2200-3)



[PR]
by HiDe-pastel | 2016-01-11 10:06 | 雑談
<< 予想外の雪害にびっくり 本年もよろしくお願いします >>