火の祭典
 先日、30年以上ぶりに地域の行事「三九郎」に行ってきました。
「どんど焼き」とも言うんですがどっちが一般的?
正月飾りとかダルマとかを積み上げて燃やすという、
知らない人が見たら怪しい宗教のようなものです。

 小学校の頃は毎年参加してましたけどね。
日中に各家庭を回って正月飾りを集めてきて、田んぼの真ん中に
やぐらを組んでそれらを積み上げて、日が暮れたら火をつけて、
木の枝に刺した<まゆ玉団子>を炙って食べる。

 内容は田舎的で牧歌的ですが、見た目はかなりシュールな
火祭りですよ。ダルマが燃えてるとことか怖い。

 そこで柳の枝に米粉の団子を刺して焼くんですけど、
焼くというよりは軽く温めるだけで、ほとんど燻製状態。
そこでようやく30年前もそうだったなーと思い出しつつ、
それでも初めて参加した奥さんや子供たちと食べて
無病息災の祈願となりました。

a0098195_105969.jpg




◇展示のお知らせ


松下英友パステル画ワークス展
10月26日(月)~2016年1月18日(月)
穂高ビューホテル (長野県安曇野市穂高牧2200-3)



[PR]
by HiDe-pastel | 2016-01-11 10:06 | 雑談 | Comments(6)
Commented by 職人 at 2016-01-25 19:12 x
うちも行ってきましたよ、三九郎。下の子が6年生なので、一応今年が最後かな。
毎年年明けに、柳の枝と七草を買ってくるのが恒例になってます。

モチを焼くのも、子供たちだとあまり火に近づけないから確かに燻製状態なんだけど、
こっちは大人ですからね。片手で柳の枝の一番下を持って腕を伸ばし、
しっかりと焼きますよ。
何年かやってみてわかったのは、クリスマスツリーみたいに上から下までまんべんなく
枝分れしているものより、上の方に枝がたくさんある木の方が焼きやすい。

組み立てにも参加したけど結構大変だ。組み立て半日、松や藁の飾り(?)付け半日。
でも火をつけたら数分で倒して、後はおき火でモチを焼くだけ。
もちろん、片付けも大変だった。

そういえば、字が上手になるようにって、習字で書いた紙も燃やしていたな。
HiDeも”早く絵が描けますように”って、書き損じを燃やしてみるか。
Commented by HiDe-pastel at 2016-01-26 12:19
そういえば習字で書いた紙って燃やすよね。
そうだよ、願掛けで失敗した絵を燃やすのもアリだったな。

「料理が上手になりますように」つって作り損じた食材(=生ゴミ)とか
「ダイエットできますように」つって着られなくなった服(=古着)とか
「風邪が早く治りますように」つって鼻かんだティッシュとか

こうやって伝統行事が自粛されていくんだな。

柳の枝ってやっぱり買ってるんだね?モチは作ってる?
自分が子供の頃どうしてたとかすっかり忘れちゃったよ。
うちもしばらくは毎年恒例になりそうです。
Commented by 職人 at 2016-01-30 19:30 x
ホームセンターやスーパーに行くと柳の枝売ってるよ。
柳の枝は燃えにくいからモチを焼くには適してるんだな。
いつだったか、普通の木の枝でモチ焼いていた人が、
木自体が燃えてモチが落ちていたのを見たことがある。

モチも売ってるけど、甘いんだよね。だから米粉にお湯をまぜてこねて作ってる。

是非、書き損じた100号の絵を燃やしてみて。
「あれ、誰が入れたんだ?」って話題になるぞ。
Commented by HiDe-pastel at 2016-01-31 15:25
持ってった時点で周りがザワつくよね。
「燃やす気か?」って。

売ってるお餅って甘いんだ?
だったら来年は買おうかなー。
Commented by 職人 at 2017-01-14 18:40 x
あえて、1年前の君へコメントを。

書き損じた絵は燃やしたかい?
餅はお店で買ってみたかい?

うちの地区は7日だったけど、俺は仕事で行かれなかった・・・。
今日やってるところあるのかな?
Commented by HiDe-pastel at 2017-01-14 21:07
コメントを探したよ。
今年は8日の午後にやってたんだけどね。子供たちが風邪っぽかったから
結局参加しませんでした。寒かったし吹雪いてたし。
今年はマシュマロを焼いて食べようと用意したんだけどねー。
もうあれだね、三九郎の本来の意味からだいぶ逸脱してきたね。
来年は肉とか焼いて食べてるかもね。

昨年は書き損じた絵はなかったです!!
うん、そもそも昨年はほとんど描かなかったからなー。
<< 予想外の雪害にびっくり 本年もよろしくお願いします >>